主婦がアプリをリリースするまでの軌跡

自宅でお小遣い稼ぎをしたい主婦がアプリリリースを目指すブログです。

RSpecを学んでいて気付いた自分の弱点。

f:id:song-of-life1352607:20170220105406j:plain

こんにちは、マリンです。

この度アルバイト先が決まりまして、その会社で「RSpec使ってるから勉強しといて」と言われて今学んでおります。

今回の記事はただのぼやきです。すみません。

今回のテーマ

タイトルの通りです。

RSpecを勉強していて自分の決定的に足りない部分を見つけました。


RSpecについてはいろいろとサイトを巡って情報を集めており、

基本的な書き方は覚えました。

なので以前勉強したRails Tutorialを、今度はRSpecを使ってやってみようと思い立ったのですね。

だがしかし、全っ然出来ないんですよ!


テストが苦手なことは気づいていました。

正直、自分で楽しくやっていた時はスルーしてました。

でもまさかヒントがあるのに書けないとは・・・

そこで自分の最大の弱点に気づいたんです。

私の弱点

ズバリ、「応用力」です。

これが決定的に欠けています。

いや、数学がめっきりダメだった中学の頃から知ってはいたんですけど・・・


なんでテストが書けないかって考えてみると答えは簡単。

アプリ自体は結構そのまま使えたり、ほんのちょっと変えれば使えるようなコードが結構出てくるんですよね。

でもそれについてのテストコードまでは載ってないんです。

だから検索して出てきたコードを参考に自分のサイト作ったりはできますが、

それに対するテストは自分で考えなきゃだからできないんですね。


チュートリアルで基本は学びましたが、

そこから発展していざ自分で考えるとなると・・・

「え?どうすればいいんだっけ??」

となってしまうわけです。

で、どうすんの?

とはいえこのままでは使い物になりません。

そこで、なんで基本は学んだのに自分で考えて書けないのか?を考えてみました。

もちろん応用力が足りないからなんですけど・・・

その応用力に必要なものはなんだ?ともう一歩踏み込んで。


多分、「問題の本質を理解しているか?」だと思います。

目の前にある「〇〇をテストする」ということばかり考えて、

「え?どうやるの??」ってなっているから進まないのだと思うんですよね。

必要なのは、

「〇〇をテストする」

  1. 〇〇はどうやって動いているのか?
  2. どの部分をテストすれば良いのか?
  3. そのテストには何が必要なのか?

といった、〇〇という対象に対してもっと噛み砕いて構造や振る舞い、必要なものを考えないから、

何をしていいのか?がわからないんだと思いました。

前に勧められて読んだ本に書いてありましたが、

問題を解決するには、いかに噛み砕いて問題の本質を理解するかが鍵だそうです。


とはいえ・・・これ今から鍛えて間に合うのか???

と焦っています。

そしてそもそも圧倒的に足りない情報量・・・

どうしよう。

情報収集もしたいし、でもまだ基礎も完璧ではないし、

そして応用効かないし・・・

中学高校と「数学ムリ〜ww」とかヘラヘラしていた自分を呪います。